ログイン アカウント作成 カートを見る レジへ進む
レセッレヌオーヴェ 2009 オルネライア 赤ワイン Y S 新作入荷,大人気

レセッレヌオーヴェ 2009 オルネライア 赤ワイン Y S 新作入荷,大人気

6,100円  5,500円
割引: 10%OFF

  • モデル: wine-takamura-1220551

カートに入れる:


商品情報
コレは、驚きの品質です!

イタリアを代表するワインのひとつ、オルネライア。
先日、そんなオルネライア2008のご紹介をさせて頂いた事がありました。

その素晴らしさに、近年ますます磨きをかけるオルネライア。

その秘密が、今、ワイン・メーカーを務める、アレックス氏のセンスと努力の賜物である事は、間違いありません。

が、その際、忘れてはいけないのが、セカンドのレ・セッレ・ヌオヴェと、買いブドウから手掛ける、レ・ヴォルテの品質向上!

前回のご紹介時にも、イタリア・ワインのガイドの審査員も務める、重鎮の、こんなコメントをご紹介させて頂きました!!


■輸入元様資料より抜粋■


実は、オルネライア2008を味わった際、レ・ヴォルテ2009も飲んだのですが、この時、ご一緒させて頂いた、イタリアのワイン業界でも知られた存在の重鎮の方も…

『オルネライアの醸造責任者が、今のアクセル氏になってから、このレ・ヴォルテと、セカンドのレ・セッレ・ヌオーヴェの質が、グッと良くなったと思うんです。ホントにお値打ちですよね。
プチ・スーパー・タスカンって言っていいと思います。』

と、仰っていました!


そう、実はこの時、重鎮と共に、オルネライアのセカンド、レ・セッレ・ヌオーヴェも味わい、その真価をまざまざと実感していたにも関わらず、あの時、輸入元さんで欠品、泣く泣く、ご紹介が出来ずにいました(泣)

でも…
遂に、待ち望んだご紹介の時がやって来ました!

オルネライアよりも、早い時期にその魅力を満喫出来るうえ、価格もグッと控えめ。

でも、その質の高さは明らかと、良い事づくめの1本♪

ボルドー・ワインの高騰が続く中、ボルドー・スタイルのレ・セッレ・ヌオーヴェが、市場で更に人気が出るのも、想像に難くありません。

また欠品しない事を、願うばかりです(汗)

皆様も是非、その真価を実感して下さい!!

■『ワイン・アドボケイト誌196号』より抜粋■


The 2009 Le Serre Nuove dell’Ornellaia is a gorgeous, fleshy wine that shows the radiant personality of the vintage.

Mocha, espresso, raspberry jam and spices are some of the aromas and flavors that flow from this pliant, accessible red. This is all silk and polish.

Stylistically, the 2009 is close to the 2007 for its early approachability but appears to have less overall stuffing.

It is a gorgeous, rewarding wine to drink now and over the next 8-10 years. Vintage 2009 was a strange year. A dry hot summer led to an early harvest for Merlot, which is typically precocious, but rain in mid-September slowed down the maturation cycle for later-ripening grapes such as Cabernet Sauvignon.

In 2009 the blend is 54% Merlot, 31% Cabernet Sauvignon, 10% Petit Verdot and 5% Cabernet Franc. The 2009 Serre Nuove spent about 15 months in French oak barrels, 25% new. Anticipated maturity: 2012-2019.

This is another strong set of wines from Tenuta dell’Ornellaia.

The 2008 Ornellaia is back to its usual high level after a slightly perplexing 2007, while the 2008 Masseto is another in a fine line of vintages for this Tuscan icon. Readers should be on the lookout for a complete vertical of Masseto, back to the inaugural 1986 Il Merlot dell’Ornellaia, which will be posted on www.erobertparker.com in the coming weeks.

Needless to say, it was an amazing tasting.

◆ロバート・パーカー氏評:92点
◆飲み頃予想:2012~2019年

■ワイン・メーカーのコメント■


Tasted September 2011

Offspring of a warm, sunny vintage, Le Serre Nuove dell’Ornellaia 2009 displays above all else the superb ripe fruit characteristic of the vintage. Its colour is intense and offers a nose rich with ripe dark berryfruit and fruit preserves ,
enlivened with a delicate vein of spice. On the palate, full and well-rounded with notably refined, silky tannins.

A seductive acidity keeps all the components in balance, prolonging a finish that has an appealing freshness. via Bolgherese.



■読売オンラインより抜粋■


97年から導入されたセッレ・ヌォーヴェ09は、オルネッライアの高品質を支えている。

ベッラリアの若い樹主体で造られる。

並のスーパータスカンをしのぐバランス感ときれいな果実味、今でも楽しめるしなやかさが印象的だ。


【ブドウ品種】メルロー54%、カベルネ・ソーヴィニヨン31%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド10%


  • レビューを書く

類似した製品

SHOPPING INFOMATION.